2009年02月09日

アーティストたちの栄光 Rock&Pops アルバート・ハモンド

懐かしの洋楽 70年代 アルバート・ハモンド[カリフォルニアの青い空]


彼は、イギリスのロックグループ、マジック・ラターンというグループにいた人、
また数多くのミュージシャンのプロディウスをてがけいる。

その彼のソロになっての初のアルバム1973年作が、
このカリフォルニアの青い空(It Never Rains In Southern California)です。



全篇がポップな感覚で作られていて、
ほんとに日本人好みするというかJ-POP風な感じ、
アルバムタイトルなんかもそんな感じを受けます。

で、ここでのヒット曲は、アルバムタイトルのカリフォルニアの青い空、
全米チャート5位にランクされ大ヒットしました。



この曲はみなさんもどこかで聴いたことがあるかと思います、
聞けば、ああーこれかってなるかなとおもいますし、
ほんと軽快で爽やかな曲、不思議となんども聞きたくなってくるのです。


posted by successjimmy at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 70年代POPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

アーティストたちの栄光 Rock&Pops ローリング・ストーンズ

懐かしの洋楽 70年代 ローリング・ストーンズ[ラヴ・ユー・ライヴ]


このライブアルバムは彼らのいくつかある
ライブアルバムのなかではやっぱいちばん最高かなと、
とくに我々の世代にはとおもいます。

1977年にアメリカ、ヨーロッパ、カナダの公演が収録され発売になりました。
イギリスでは3位、アメリカでは5位に達しゴールド・アルバムを獲得し、
アルバムジャケットはあの芸術家、アンディ・ウォーホルが担当したというはなし。



さすがストーンズすごいですね。
で、内容的にはやはり彼らのステージらしく
エネルギュシュにくりひろげていますし、
それまでにリリースされたヒット曲を中心に演奏しています。
とにかくグットです。







話は変わりますが、昔よく行っていたロック喫茶で
リクエストランキングというのがあって、そこでいつも当時このアルバムというか
ストーンズのものが上位にはいっていたのを思い出しますね。
posted by successjimmy at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 70年代ROCK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。