2009年02月13日

アーティストたちの栄光 Rock&Pops ザ・ビートルズ

懐かしの洋楽 60年代 ザ・ビートルズ[アビイ・ロード]


このアルバムは1969年発売のポピュラー・ミュージック史に
残る彼らの最高傑作とされている。
もうひとつ同評価のサージェント・ペパーズというアルバムもあります。

個人的にはこちらの方が好きかってかんじです。
これは彼らの本当の意味での最後のアルバムといわれています、



公式にはレット・イット・ビーなのですが、こちらの方が後。
サウンドはもう完成度の高い内容で、彼らもロック・バンドとしても
最も高い領域に達したかというところ。

売り上げも最高をきろく、ファンのかたはどの曲もご存知だと思います。
美しいバラードあり、ワイルドなロックありと多彩です。
この中からのナンバー1ヒットは、カム・トゥゲザーとサムシング




当時としては珍しい両A面という形で発売しています。
LPでの、A面の完成度のたかさそしてB面2曲目からのメドレー形式は最高です。
ビートルズを公式アルバムで聞きたいという人にはお奨めの1枚です。


posted by successjimmy at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 60年代ROCK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

アーティストたちの栄光 Rock&Pops ビリー・ジョエル

懐かしの洋楽 70年代 ビリー・ジョエル[ニューヨーク52番街]


このアルバムは1978年前年のストレンジャーに続き発表されたもの。
前作も大ヒットしましたがこれは彼が初の全米1位に輝いたアルバム。

サウンド的には、ロックありバラードありジャズぽいものもありとなかなかグットです。
グラミー賞もとり彼の地位を揺らぎないものにした1作。



このなかではなんといっても美しいバラードで深みのある
「オネスティ」はみなさんもご存知、日本では超有名ですね。


いろんなコマーシャルにも使われていましたね。
そしてビリーのテーマ曲といえる「マイ・ライフ」これも軽快な曲で全米3位まで上がりました。



そして、アルバムの1曲目にはいっているロックナンバー「ビッグ・ショット」
これもなかなかかっこいい。

もうひとつタイトル曲でもあるニューヨーク52番街、
これはジャズぽくてスウィングしているところもあり非常にリラックスしていい曲です。
posted by successjimmy at 11:51| Comment(0) | TrackBack(1) | 70年代POPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。