2009年02月22日

アーティストたちの栄光 Rock&Pops ジャーニー

懐かしの洋楽 80年代 ジャーニー[エスケイプ]


このアルバムは1981年に発売された、彼らが一躍有名になったもの、
もちろん全米1位、プラチナディスクになっている。
デビューは1975年で大ヒットするまではけっこうかかりました。
わたしもそれまではかれらのことはよく知らず、

メンバーのギタリストニール・ショーンがサンタナのバンド
にいたなッテ言う程度でした。まあそんなもんです、
そこまでマニアックではありませんのでということで。




で、サウンドは、ハスキーなボーカル、シャープのロックサウンドが魅力、
この中での大ヒットは、ドント・ストップ・ビリーヴィン、
クライング・ナウ、オープン・アームズ 、なとなどがあります


当時この3曲ともよくMTVなどでよくながれていて、いやでも耳にはいってきました、
それだけヒットしていたという証でしよう。彼らは現在も活躍しています、





ただこの当時のボーカルのスティーヴ・ペリーがすでに脱退していて、
メンバーはすこしかわっています。
全盛期のメンバーてやってほしい気にはなりますね、
まあグループいろいろあります。

またこのアルバムのヒット曲オープン・アームズ
マライヤ・キャリーも歌っていてヒットを飛ばしています。

posted by successjimmy at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 80年代ROCK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

アーティストたちの栄光 Rock&Pops ブルース・スプリングスティーン

懐かしの洋楽 80年代 ブルース・スプリングスティーン[ザ・リバー]


私がブルース・スプリングスティーンを聴いたのは、
まさしくこのアルバムからなのです。
友達の薦めもあって当時この2枚組みのアルバムをがんばって買いました。



というのもここにはいっているシングル曲ハングリー・ハート
という曲を聴きいっぱつで気に入ってしまいました。



なんというかこののりこのボーカル気に入ってしまったことを覚えています。

このアルバムは彼が初めて全米1位をとったもの、
デビューは1973年で1975年にサード・アルバム明日なき暴走 (Born To Run) を
だして全米3位をとってすでに有名だったのですが(これもグットですよ)
この1980年発売のアルバムで大スターになります。

彼のことはみなさんはとくにウイ・アー・ザ・ワールドという
チャリティーソングでご存知だと思います。
PVをみてもわかるとうりあの独特の歌い方がいいですねなんともいえません。

あとはタイトルアルバム曲ザ・リバーもいいですよ、


またライブ感覚で収録したというものこのアルバムのいいところだと思います。
posted by successjimmy at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 80年代ROCK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

アーティストたちの栄光 Rock&Pops エイジア

懐かしの洋楽 80年代 エイジア[Asia 詠時感 時へのロマン]


エイジアは、ジョン・ウェットン(vo.b/元キング・クリムゾン、ロキシー・ミュージック)、
スティーヴ・ハウ(g.vo/元イエス)、カール・パーマー(ds/元EL&P)、
ジェフ・ダウンズ(kbd/元バグルス、イエス)という
すでに実績と知名度とも一流のメンバーが集まって
1981年結成されたスーパーロックグループ。

当時結成されたときは驚きましたね、
まだ僕自身もあまりプログレッシブ・ロックを聴いていなかった
のでメンバーのことははっきりしりませんでしたが、
これだけのグループ出身のミュージシャンのバンドということで
友達の影響もあってアルバムを買いもとめたものです。



もっともその友達は、もっとプログレ路線にしてほしかったようで
少し期待はずれだと言っていましたね。
まあ、売れるためにはポップでないと、ということですかね。

で、サウンドはスケールが大きく、ドラマチックでダイナミックな音楽のようです。
さすがという言葉がでる作品にしあがっています。
アルバムからシングルカットされたHeat Of the Momentは全米ロックチャート1位、



全米ポップチャートでも4位となり大成功をおさめました。
また2007年に初来日しているようです、ちょっと意外に思いますが、
もっと前に来ているのかなと思っていました。
そして、2008年も引き続き来日しているようです。

Only time will tell
posted by successjimmy at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 80年代ROCK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月26日

アーティストたちの栄光 Rock&Pops ヒュー・ルイス&ザ・ニュース

懐かしの洋楽 80年代 ヒュー・ルイス&ザ・ニュース[Soprts]


ヒュー・ルイス&ザ・ニュースは、
1980年米サンフランシスコでデビューした6人編成のロックグループ。

1980年にリリースされたファースト・アルバムヒューイ・ルイス&ザ・ニュースは
商業的失敗に終わったが、2枚目のアルバムから徐々に頭角をあらわし、
この3枚目で大ヒット曲「ハート・オブ・ロックンロール」でスターダムに上りました。




またこのアルバムからもあと2曲ヒットをとばし
アルバムは800万枚以上を売り上げたということです。



彼らの音楽の成長ぶりがよくでて多くのファンを魅力にしました。
サウンドは、R&B ブルース感覚の明るいロックンロールで、
すばらしいハーモニーやドゥーワップもきけます。

また1985年にはあの大ヒット映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の
主題歌「パワー・オブ・ラブ」が全米1位の大ヒットを記録していて
ヒュー・ルイス自身もチョイ役で出演していました。



あっ、そういえばと記憶しています。
明るくノル曲がいいですね、わたしも大好きです。
posted by successjimmy at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 80年代ROCK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

アーティストたちの栄光 Rock&Pops REOスピードワゴン

懐かしの洋楽 80年代 REOスピードワゴン[禁じられた夜]


REOスピードワゴンは、1967年結成したロックグループ。
1971年にメジャーデビューをはたすもほとんど売れずに10枚のアルバムを制作。
そしてようやく11枚目の本作でやっと自分たちの音楽を伝えることに成功したのです。

デビュー当初から大ブレイクを果たすまで
地道なライヴ活動をしていたことでも知られ、
70年代後半には「アメリカで最も売れていないが、長続きしているバンド」
という不名誉な称号も与えられた。



でも苦節ほぼ10年ようやく売れたのが「Keep On Loving You」なのです。
アルバムからの先行シングルとなった名曲は
ビルボード・シングルチャートで全米No.1を獲得した。
そして、この年の年間シングルチャート第10位にも滑り込んだ。

またアルバムもビルボードのアルバムチャートで8週連続全米No.1を獲得していた
ジョン・レノンの(結果的に遺作になってしまった)ダブル・ファンタジーをNo.1から叩き落した。
その後、15週連続全米No.1を獲得し、売り上げも最終的には
1000万枚を突破したという記録もあります。


Keep On Loving You



ほんとうにどこでどうなるかわからないものですね。
苦労したグループがこんなに売れるなんて。でもほんといい曲ですよ、
このほかにも3曲のヒットをこのアルバムからだしています。

サウンドは、ソリットでプログレ・ハード・ポツプ、
しなやかな歌声、ハーモニーも完璧です。


Take It On The Run


posted by successjimmy at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 80年代ROCK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

アーティストたちの栄光 Rock&Pops ポリス(スティング)

懐かしの洋楽 80年代 ポリス(スティング)


ポリス (The Police) はイギリスのロックバンドである。
1977年に結成、1970年代後半から1980年代半ばにかけて活躍しました。

出身地は、 イングランド ロンドン でジャズバンドの
経験を持つベーシストでボーカリストのスティング、
プログレッシブ・ロックの経験を持つドラマー、スチュワート・コープランド
ギターリストのヘンリー・パドゥバーニの3人で結成。

数々の名曲をもち2007には再結成され、日本公演もおこなわれ、
大盛況ですごい価格のプラチナチケットもでていました。

見つめていたい(Every Breath You Take)
なんといってもポリスのの名曲中の名曲、一度は耳にしたのでは・・
1983年 ビルボード誌シングルチャート8週連続1位を記録。

そしてこの年の年間1位にも輝いています。
この曲がはいっている5枚目のアルバムシンクロニシティも
ビルボード誌アルバムチャート17週連続1位を記録。






イングリッシュマン・イン・ニューヨークは、スティングのソロの最高作でしょう。
ジャズの影響がより顕著で、すばらしい曲にしあがっています。
何もいうことはこざいません、じっくりと聴いてください。





posted by successjimmy at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 80年代ROCK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーティストたちの栄光 Rock&Pops ローリングストーンズ

懐かしの洋楽 80年代 ローリングストーンズ【Tattoo You】


ストーンズはビートルズとならんでイギリスの超2大バンドです。
ビートルズとは60年代はライバル関係にありました。
そのビートルズが70年に解散してからも今現在、
何度かのメンバーの入れ替えもありましたが、
40年以上のキャリアをもつ大御所バンドです。

そのステージは、また゛まだパワフルです。
つい2,3年前にも来日したと記憶していますし、
ことしニューアルバムもでています。
で、このアルバムはストーンズの入門書の様なものだとおもいます。



Start Me Up,Waiting For A Friendは最高、
とくにStart Me Upはステージでも
必ずといっていいほど演奏されています。ぜひ、きいてみてください。!





posted by successjimmy at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 80年代ROCK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

アーティストたちの栄光 Rock&Pops ザ・ナック

懐かしの洋楽 80年代 ザ・ナック[Get The knack]


ザ・ナックは、米ロサンゼルスで1978年に結成されたロックバンド。
当時はビートルズの再来かというニュアンスで注目され、
所属レコード会社もかなり熱心な宣伝をしていたらしい。

これは、初のヒットにして全米1位の「マイ・シャローナ」をふくむデビューアルバム。



アルバム ゲット・ザ・ナックは、ビルボード5週連続1位を記録した。
当時のミュージックシーンは“ディスコブーム”が席巻していたこともあって、
その後はヒットに恵まれず、1982年に一時解散したが、1991年には再結成するもヒットはなし。

一発屋のレッテルを貼られてしまった。(でもほかにも、2曲スマッシュヒットはもっているらしい)
サウンドは、若さと勢い、新鮮さと素人ぽいギターだけの素朴な演奏が受け入れられた。


話は変わりますが、芸人エド・はるみが、自分の持ちネタ
「グーグーダンス」を踊るのに「マイ・シャローナ」を使っていますね。



posted by successjimmy at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 80年代ROCK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。