2009年02月06日

アーティストたちの栄光 Rock&Pops ホワイトスネイク

懐かしの洋楽 70年代 ホワイトスネイク[カム・アンド・ゲット・イット]


このアルバムはまだ彼らがアメリカで人気を得る前、
英国、欧州そして日本での人気がつよかったころのおすすめの作品。



1970年代から1980年初め頃までは
ブルース色の強いハードロックを展開していた頃、

もっともボーカルのカヴァーディル自身がブルースに傾倒していたということもあり、
まあ彼自身それが似合っていると私は個人的には思うのですが、
このアルバムもそれが強い作品だと思います。

でもこのころまでの彼らはほんと個人的には渋くって好きです。
で、この中の有名曲はなんといってもドント・ブレイク・マイ・ハート・アゲイン、
スマッシュヒットをはなっています。



そしてロンリーデイ・ロンリーナイツ、これも渋っくっていいねえ。



バニー・マースデンやミッキー・ムーディのギターは
カヴァーディルのボーカルにほんとマッチしてるって感じです。

今のホワイトスネイクファンのかたでこの頃を知らない方は
さかのぼって聴いて見るのもいいのではないでしょうか。
posted by successjimmy at 12:26| Comment(0) | TrackBack(1) | 70年代HR/HM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ホワイトスネイク
Excerpt: NO.00201 ホワイトスネイクのベストアルバム『グレイテスト・ヒッツ』(1994年) 今週末は、何となく“パープル”な気分です。 理由は、ディープ・パープルの3枚組CDを購入(もち中..
Weblog: まい・ふぇいばりっと・あるばむ
Tracked: 2009-04-16 10:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。