2009年01月23日

アーティストたちの栄光 Rock&Pops ジョージ・ハリスン

懐かしの洋楽 70年代 ジョージ・ハリスン[All Things Must Pass]


ジョージ・ハリスンは、元ビートルズのメンバー、主にリードギターを担当していた。
解散後に近くに習得したスライドギターは高い評価をうけている。

発表したアルバム枚数はそう多くないものの、
常にチャートでは上位に食い込み、たびたび大ヒットを飛ばした



ビートルズ時代は、どうしてもジョンやポールの影にかくれて、
めだたない存在で彼の自作の曲もアルバムに2,3曲と
自由にリードギターを弾かせてもらえないなどで不満を募らせるていました。

でも、ビートルズの中でもっとも外部ミュージシャン
との交流が盛んだったのも彼であった。
これは彼の人柄によるものが大きいようです。

で、彼がビートルズ時代から温めていた楽曲を
解散後いっきに発表したのがこのAll Things Must Passであります。

このなかでのシングルヒットは有名な
マイ・スウィート・ロード」(全英・全米第1位、日本4位)、



で2000年にも別バージョンで発売しています。

If not for you


エリック・クラプトン、リンゴ・スター、
バッドフィンガー、ビリー・プレストンなどの
豪華ミュージシャンがレコーディングに参加しているようです。
posted by successjimmy at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 70年代POPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113038782
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。