2009年01月01日

アーティストたちの栄光 Rock&Pops クリーム

懐かしの洋楽 60年代 クリーム[クリームの素晴らしき世界]


クリームは、1966年 - 1968年の短いあいだの活躍だかメンバーの豊富な
音楽体験と演奏技術から誕生した3人という最小編成のグループ。

そう、エリック・クラプトン(ギター、ボーカル)
ジャック・ブルース(ベース、ボーカル、ハーモニカ)
ジンジャー・ベイカー(ドラム)
という今では言わずとしれた3人によるバンド。

今回紹介するのは彼らの1968年に発表された
スタジオ録音とライブ音源を抱き合わせたアルバム。



スタジオ録音では彼らのセールスポイントのホワイトブルースを存分に発揮、
ライブではへビィでエネルギー満載の演奏を披露しています。

彼らのライブでの長時間の即興演奏は素晴らしいの一言、
ロイヤルアルバートホールでの解散コンサートの映像を見るとそれがわかります。
ジャズ、ブルース、ロックを融合したスーパーバンドです。

White Room


Crossroads


また2005年には一夜限りの再結成コンサートを行っていますが、
こちらもなかなか、60歳を過ぎたおっさんたちと思えない
アグレッシブな演奏をくりひろげていますよ。
わたしもDVDで何度もみました、グットです。

2005 Live I'm So Glad

posted by successjimmy at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 60年代ROCK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。